B型肝炎による、給付金の支給手続きを行う為には、まずは血液検査結果や、医療記録、母子手帳など必要書類を用意する必要があります。これは、一次感染と二次感染それぞれに違いがあります。そして、国相手に国家賠償請求訴訟を提起します。次に、和解協議に入ります。給付金の支給対象者であると認められたら、和解調書を取り交わすことになります。社会保険診療報酬支払基金に、和解調書を提出し請求します。これによって、それぞれの病状によって支給金が支給されることになります。

給付金は、重度の肝硬変、肝がん、死亡の場合は、3600万円の支給があります。軽度の肝硬変の場合であっても、2500万円の支給。慢性B型肝炎の場合は、1250万円。また無症候性キャリアの方は、600万円が支給されます。この他にも、病状によって支給額が定められています。手続きを行う場合は、弁護士に依頼することも可能です。自分で行うこともできますが、その場合負担も小さくはありませんので、よく考えて方法を選ぶことをお勧めします。

B型肝炎は、感染していても症状が見られないことも少なくありません。安全の為にも、是非一度医療機関で検査してみることをお勧めします。

Pocket