B型肝炎とは、血液や体液を介して感染するものです。B型肝炎のキャリアは、日本でおよそ150万人いるとされている他、日本人全体のおよそ1パーセントの人が感染しているとも言われています。感染ルートはいくつかあります。一つは、性交渉によるもの。但し、場合によってはキスだけでも感染することもあり注意が必要です。同じように、歯ブラシを貸し借りしたり、カミソリの共用によっても感染することがあります。こういったことを防ぐ為には、性交渉の際にはコンドームを付けること。歯ブラシやカミソリなどは貸し借りしないことなどが挙げられます。

母子感染また、ピアスや刺青、麻薬の打ち回しなどによっても感染すると言われています。針によってうつってしまうのです。他にも、輸血や血液製剤などによっても感染することがありますし、B型肝炎である母親から生まれてくる子供が母子感染することもあります。出産時、或いは産道、子宮内で感染したり、生まれてから傷口からウィルスが入り込み感染してしまう場合もあります。母子感染した場合、持続感染になりやすく、一生感染が続くことになることが多い傾向にあります。しかしながら、現在は様々な取組のおかげもあり、B型肝炎が母子感染することはほとんどないと言われています。

B型肝炎に感染した場合、原因などによっては国から給付金が支給される場合があります。ここでは、給付金について紹介します。是非参考にしてみてください。

Pocket