手続きB型肝炎の感染には、色々なルートがあります。この中には、かつて予防接種の際に注射器の使いまわしを行ったことが原因で感染した方もいます。現在は、注射器などを使いまわすことはありませんが、戦後からしばらくの間は使いまわしもあったとのこと。集団感染訴訟が行われ、2012年に「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行になりました。これによって、和解が成立した人に対して国から給付金が支給されることになったのです。

給付金が支給される対象者とは、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までに集団予防接種を受けた人(但し、満7歳未満で受けた場合のみ)で、これが原因でB型肝炎に感染(持続感染)した人。また、これが原因で感染した方から母子感染した人(持続感染)や、母子感染者からさらに母子感染した人が対象となっています。この他にも、父子感染によって二次感染した人も対象になっています。

給付金の支給を受ける場合は、必要な書類などを用意して、国家賠償請求訴訟を提起するか、調停の申し立てを行うことになります。その後、裁判所で和解手続きを行うと言った流れです。これにより、支給対象者であると認められた場合に、給付金が支給されることになります。

Pocket