手続きについて

B型肝炎による、給付金の支給手続きを行う為には、まずは血液検査結果や、医療記録、母子手帳など必要書類を用意する必要があります。これは、一次感染と二次感染それぞれに違いがあります。そして、国相手に国家賠償請求訴訟を提起します。次に、和解協議に入ります。給付金の支給対象者であると認められたら、和解調書を取り交わすことになります。社会保険診療報酬支払基金に、和解調書を提出し請求します。これによって、それぞれの病状によって支給金が支給されることになります。

給付金は、重度の肝硬変、肝がん、死亡の場合は、3600万円の支給があります。軽度の肝硬変の場合であっても、2500万円の支給。慢性B型肝炎の場合は、1250万円。また無症候性キャリアの方は、600万円が支給されます。この他にも、病状によって支給額が定められています。手続きを行う場合は、弁護士に依頼することも可能です。自分で行うこともできますが、その場合負担も小さくはありませんので、よく考えて方法を選ぶことをお勧めします。

B型肝炎は、感染していても症状が見られないことも少なくありません。安全の為にも、是非一度医療機関で検査してみることをお勧めします。

Pocket

給付金支給のケース

手続きB型肝炎の感染には、色々なルートがあります。この中には、かつて予防接種の際に注射器の使いまわしを行ったことが原因で感染した方もいます。現在は、注射器などを使いまわすことはありませんが、戦後からしばらくの間は使いまわしもあったとのこと。集団感染訴訟が行われ、2012年に「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行になりました。これによって、和解が成立した人に対して国から給付金が支給されることになったのです。

給付金が支給される対象者とは、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までに集団予防接種を受けた人(但し、満7歳未満で受けた場合のみ)で、これが原因でB型肝炎に感染(持続感染)した人。また、これが原因で感染した方から母子感染した人(持続感染)や、母子感染者からさらに母子感染した人が対象となっています。この他にも、父子感染によって二次感染した人も対象になっています。

給付金の支給を受ける場合は、必要な書類などを用意して、国家賠償請求訴訟を提起するか、調停の申し立てを行うことになります。その後、裁判所で和解手続きを行うと言った流れです。これにより、支給対象者であると認められた場合に、給付金が支給されることになります。

Pocket

B型肝炎による給付金

B型肝炎とは、血液や体液を介して感染するものです。B型肝炎のキャリアは、日本でおよそ150万人いるとされている他、日本人全体のおよそ1パーセントの人が感染しているとも言われています。感染ルートはいくつかあります。一つは、性交渉によるもの。但し、場合によってはキスだけでも感染することもあり注意が必要です。同じように、歯ブラシを貸し借りしたり、カミソリの共用によっても感染することがあります。こういったことを防ぐ為には、性交渉の際にはコンドームを付けること。歯ブラシやカミソリなどは貸し借りしないことなどが挙げられます。

母子感染また、ピアスや刺青、麻薬の打ち回しなどによっても感染すると言われています。針によってうつってしまうのです。他にも、輸血や血液製剤などによっても感染することがありますし、B型肝炎である母親から生まれてくる子供が母子感染することもあります。出産時、或いは産道、子宮内で感染したり、生まれてから傷口からウィルスが入り込み感染してしまう場合もあります。母子感染した場合、持続感染になりやすく、一生感染が続くことになることが多い傾向にあります。しかしながら、現在は様々な取組のおかげもあり、B型肝炎が母子感染することはほとんどないと言われています。

B型肝炎に感染した場合、原因などによっては国から給付金が支給される場合があります。ここでは、給付金について紹介します。是非参考にしてみてください。

Pocket